検認手続き

遺言/検認手続き

検認手続きに関する基礎知識記事や事例
  • 遺言遺言

    遺言とは、被相続人の最終的な意思決定のことをいい、相続人と被相続人の双方合意は必要とされません。一般的に「遺書」と呼ばれるものには法律上の決まりはありませんが、「遺言」には法律で定められた形式や...

新京浜協立法律事務所が提供する基礎知識

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合はその事故においてどちらがどの程度責任があるかという割合を...

  • 立退き

    立退き

    借家契約において、貸主が更新を拒絶する場合には、期間終了の6か月前...

  • 親権

    親権

    親権には、「財産管理権」と「身上監護権」の2種類の要素があります。...

  • 悪徳商法

    悪徳商法

    悪徳商法には次のような形態があります。 ■マルチ商法 ある商品を...

  • 相続法改正基礎知識②自筆証書遺言の方式緩和と保管

    相続法改正...

    ■自筆証書遺言とは? 自筆証書遺言とは、遺言者が手書きにより作成す...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があり...

  • 刑事弁護

    刑事弁護

    刑事弁護は、一般的な民事事件の弁護に比べ、「速さ」が求められます。...

  • 離婚の慰謝料計算方法

    離婚の慰謝...

    婚姻費用や養育費などは算定表が作られていますが、慰謝料にはその算定...

  • 詐欺

    詐欺

    詐欺にはさまざまな種類があります。代表的な特殊詐欺には以下のような...

新京浜協立法律事務所の主な対応地域

| 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区 | 鶴見区 | 大田区 | 世田谷区 |

ページトップへ