医療 法改正

詐欺/医療 法改正

医療 または 法改正に関する基礎知識記事や事例
  • 詐欺詐欺

    詐欺にはさまざまな種類があります。代表的な特殊詐欺には以下のような手口が挙げられます。 ■オレオレ詐欺 電話を利用して、被害者の親族や会社の上司などの名前を名乗り、金銭を要求する詐欺です。もと...

  • 医療過誤医療過誤

    医療過誤とは、医療事故の類型のひとつで、医療従事者の過失により被害者が何らかの損害を負わせた場合の医療従事者の医療行為のことをいいます。 2015年の改正医療法施行により、医療過誤などの医療事...

  • 養育権養育権

    養育費とは、子どもの生活費や教育費、医療費、お小遣いなどにかかる費用のことをいいます。養育費は、子どもが20歳になるまでや、大学を卒業するまでのタイミングまで支払うことが一般的で、金額は家庭裁判...

  • 財産分与財産分与

    「離婚に伴い財産分与を請求することを考えているが、どのようなものが対象となるのだろうか。」 「住宅を財産分与する場合、どういった方法をとるのがよいのだろうか。」 離婚を検討されている方のなかには...

  • 大麻所持初犯の処罰とは大麻所持初犯の処罰とは

    大麻は大麻取締法で規制されており、所持や譲渡、栽培、輸入などがほぼ全面的に禁止されています。これは大麻がほかの薬物同様に依存性が高いためです。 例外として医療や研究用としての使用が認められていま...

  • 遺留分とは遺留分とは

    ■遺留分とは 相続では、誰が相続人となるのか、誰がどれくらいの割合で相続するのかという点が重要になります。被相続人が遺言を作成していた場合、相続人や各自の取り分は原則として遺言内容にしたがって決...

  • 親が自己破産したら子どもに影響あるか親が自己破産したら子どもに影響あるか

    ■自己破産の家族への影響 自己破産をすると、破産者の家族には以下のような影響が及びます。 ・家族が保証人になっている場合は保証人も債務整理をする必要がある 自己破産の原因となった借金が連帯保証...

  • 相続法改正基礎知識②自筆証書遺言の方式緩和と保管相続法改正基礎知識②自筆証書遺言の方式緩和と保管

    ■自筆証書遺言とは? 自筆証書遺言とは、遺言者が手書きにより作成する形式の遺言をいいます。民法上は、968条1項に規定されています。 遺言には、この他にも公正証書遺言(969条)や秘密証書遺言(...

  • 相続法改正基礎知識①配偶者居住権相続法改正基礎知識①配偶者居住権

    ■配偶者居住権とは? 配偶者居住権とは、死亡した人(被相続人)の所有する建物に住んでいた配偶者に、引き続きそこに住み続けることが認められるという権利です。民法上は、改正1028条に規定されていま...

新京浜協立法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産トラブル

    不動産トラブル

    不動産にはさまざまな法令が関連しており、権利・義務関係が非常に複雑...

  • 騒音トラブルの相談先

    騒音トラブ...

    ■管理組合、不動産会社、オーナー 基本的に騒音トラブルは当事者間で...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故は人への傷害が全くなく、物への損害のみがある場合を指します...

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的な苦痛を受けた場合に請求...

  • DV

    DV

    DVとは、ドメスティックバイオレンスの略で、家庭内暴力のことをいい...

  • 法律上な浮気と不倫の違い

    法律上な浮...

    浮気と不貞という言葉は、一見すると同じ意味であると考えるでしょう。...

  • 医療過誤

    医療過誤

    医療過誤とは、医療事故の類型のひとつで、医療従事者の過失により被害...

  • 自己破産

    自己破産

    自己破産とは、債務整理の一つの方法で、裁判所を通じて、借金の返済を...

  • 自己破産後はキャッシングを利用できるか?

    自己破産後...

    過去に自己破産したことがあると、クレジットカードの発行やローンを組...

新京浜協立法律事務所の主な対応地域

| 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区 | 鶴見区 | 大田区 | 世田谷区 |

ページトップへ