相続 未成年

相続/相続 未成年

相続 または 未成年に関する基礎知識記事や事例
  • 相続相続

    相続手続きには期限があるものも存在し、本人が亡くなって葬儀などが完了したら早めに手続きを開始する必要があります。 相続手続きで期限があるものには、主に以下のような手続きがあります。 【3か月...

  • 不動産トラブル不動産トラブル

    不動産にはさまざまな法令が関連しており、権利・義務関係が非常に複雑になっています。また、不動産をめぐる問題は金額が大きいものが多く、トラブルによって大きく損をしてしまう可能性も否定はできません。...

  • 財産管理財産管理

    財産管理契約とは、自己の財産の管理を他人に依頼する契約のことをいいます。委任契約となることから、財産の管理を依頼する方を「委任者」、財産の管理を依頼された方を「受任者」といい、委任者は受任者に対...

  • 遺言遺言

    遺言とは、被相続人の最終的な意思決定のことをいい、相続人と被相続人の双方合意は必要とされません。一般的に「遺書」と呼ばれるものには法律上の決まりはありませんが、「遺言」には法律で定められた形式や...

  • 監護権監護権

    身上監護権とは、未成年の子供を監護し、教育するために親に与えられる権利のことをいいます。この「身上監護権」と「財産管理権」で親権は構成されますが、親権をこの二つに分けることもでき、父が財産管理権...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。 ■法定後見制度 法定後見制度とは、成年被後見人等の判断能力が認知症などによって低下した「後」に利用する成年被後見人等を...

  • 鶴見区の相続に強い弁護士をお探しの方鶴見区の相続に強い弁護士をお探しの方

    ■相続とは 相続とは、亡くなった方が所有していた財産を特定の人が引き継いで所有することをいいます。 ■相続人 亡くなった方が所有していた財産を引き継ぐ方を「相続人」といいます。 相続人は、法律...

  • 遺留分とは遺留分とは

    ■遺留分とは 相続では、誰が相続人となるのか、誰がどれくらいの割合で相続するのかという点が重要になります。被相続人が遺言を作成していた場合、相続人や各自の取り分は原則として遺言内容にしたがって決...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産相続を行う場合には、「登記」を完了させる必要があります。相続による登記は「相続登記」といわれ、遺言がない場合には遺産分割協議が完了した後に登記を行います。 相続登記に期限はありませんが、...

  • 相続法改正基礎知識①配偶者居住権相続法改正基礎知識①配偶者居住権

    ■配偶者居住権とは? 配偶者居住権とは、死亡した人(被相続人)の所有する建物に住んでいた配偶者に、引き続きそこに住み続けることが認められるという権利です。民法上は、改正1028条に規定されていま...

新京浜協立法律事務所が提供する基礎知識

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があり...

  • 返還された過払い金の税金申告

    返還された...

    キャッシングやローンなどで、過払い金を返還請求する例が数多くありま...

  • 借地借家

    借地借家

    賃貸借契約は、民法や借地借家法などの法律によって成り立っており、こ...

  • 親権

    親権

    親権には、「財産管理権」と「身上監護権」の2種類の要素があります。...

  • 交通事故

    交通事故

    交通事故によってケガを負った場合や家族を亡くした場合には、けがの治...

  • 借金問題

    借金問題

    借金と一言で言っても、その内情は様々です。 家や車といった財産のロ...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故によって被害者が死亡してしまった場合には死亡事故として扱わ...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

  • 相続

    相続

    相続手続きには期限があるものも存在し、本人が亡くなって葬儀などが完...

新京浜協立法律事務所の主な対応地域

| 川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 多摩区 | 宮前区 | 麻生区 | 鶴見区 | 大田区 | 世田谷区 |

ページトップへ